〒600-8405
京都府京都市下京区万寿寺通
高倉西入万寿寺中之町79-2
ブレッドガーデン1F

電話: 075-352-8014

インタビュー

  • HOME
  • インタビュー

患者さまには笑顔で居てほしいから。

「お子さまの大切な歯を削りたくない」「年齢を重ねたご年配の方でも健康な歯を多く残していただきたい」という気持ちを持って治療に当たっています。ご自身の歯でおいしい食事ができることが、患者さまの「笑顔」につながると信じているからです。そのため「予防」を軸にした診療を重視しています。

お子さまからご年配の方まで、皆さまが「ここに来て良かった」と、思える歯科医院であることが私たちの目指すところです。そのため、患者さまのご要望をきちんとくみ取って、笑顔を忘れず真摯に対応することに努めています。

院内の雰囲気でこだわったポイントについて教えてください。

「歯科医院らしくない歯科医院」をコンセプトに、京都らしさが出る和モダンな空間を意識しました。歯科医院と聞くと、一歩踏み出しにくい印象を覚える方も多いので、できる限り心が和むような空間にしたいと考えたからです。

また、薬品の匂いがすると不安につながるケースもあるので、アロマを院内に置いたり、お琴やオルゴールを奏でる音楽を流したりして、五感からリラックスできる雰囲気作りにこだわりました。

伊藤デンタルクリニックの診療のモットーについて教えてください。

やはり、歯科医院には「怖い」「痛い」というマイナスイメージがあると思うので、「笑顔で通院して笑顔で帰っていただけるような診療」を心がけています。そのためには、歯を削る治療を行うのではなく、歯石除去や歯のクリーニングなどのメンテナンスや歯周病治療に力を入れることが重要だと考えています。

お口のケアを定期的に行うことで、爽快感のあるツルツルした歯を目指すことができますので、「今日も来て良かった!」とお口の健康に対しても前向きになれるのではないでしょうか。歯を治療する場所というよりは、お口の健康管理をするためにお越しいただける歯科医院でありたいと思っています。

子供・大人問わず、歯医者が苦手な方はいらっしゃると思いますが、治療の際に気を付けていることを教えてください。

歯科医師、歯科衛生士ともに、無言で治療しないように気を付けています。お口の中は見えない場所であり、敏感な箇所を治療するので、患者さまは「何をされるのだろう」と不安になってしまいます。そのため、「今から麻酔をします」や、「歯を削ります」「大丈夫ですか?」と、動作ごとに声をかけるように心がけています。

また、できる限り痛みを感じている箇所やお悩みの部分から改善するようにしています。痛みやお悩みは患者さまにとっての不安材料であり、それらを改善しない限り患者さまの笑顔を見ることはできないと考えるからです。だからこそ、できる限り患者さまのお気持ちに寄り添った診療を行っています。

歯のクリーニングとホワイトニングはどう違うのですか?

本来あるべき歯の色調を取り戻せるのが「クリーニング」で、さらに歯の色調を明るく見せようとするものが「ホワイトニング」です。クリーニングでは歯の表面の着色汚れを落としていきますが、元の色より白くなることはありません。しかし、ホワイトニング専用の薬剤を使った施術をすることで、元の歯よりも白く明るい歯を目指すことができます。

ホワイトニング後に白さを長続きさせるためには、どういうことに気を付ければ良いでしょうか?

できる限り「着色の濃いもの」を続けて取らないことですね。特にコーヒーや赤ワイン、ウーロン茶などには黄ばみや黒ずみの原因となる色素や成分が含まれているため、続けて摂取することで歯が黄ばみやすくなります。もちろん、喫煙している方も要注意です。

しかし、それらを摂取しなかったとしても、ホワイトニングした後の色調がずっと長続きするとは言い切れません。定期的に歯のクリーニングを行っていれば大きな後戻りはないと思いますので、虫歯や歯周病予防のためにも、うまく当院を利用していただけたらと思います。